カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

タニオコバGM7 メンテナンス編

             モデルガン発火後のメンテナンス

モデルガンは火薬を使う為、発火後そのまま放置すると金属パーツなどに錆や腐食が発生し、確実な作動が出来なくなります。
ですから、発火後メンテナンスが必要です。内容は以下のとおりです。

分解方法
?マガジンを抜き、スライドを後退させスライドストップをサービスホールの位置に合わせ、スライドストップを外します。
?スライドをそのまま前進させると、スライドが外れます。


?スライド前部にあるバレルブッシングを前から見て、反時計方向に回すと、バレルブッシングが外れます。
?バレルを前方に押し出し、リコイルスプリングガイドを突き出させ、リコイルスプリングガイドにある小さな穴に付属の六角レンチなどを差込ます。


?そのまま、リコイルスプリングを外します。
?バレルを前方から取り出します。


洗浄方法 ?バレルの上部にある「イモネジ」を六角レンチで緩め、チャンバー内のデトネーターを取り外します。この時「イモネジ」の紛失に注意して下さい。
?デトネーターとバレルを「水」で洗います。

?バレル内とインサートにオイルを吹きます。この時必ず「シリコンオイル」を使用して下さい。スプレーオイルの中にはプラスティックを侵す物があります。
?布切れなどでバレル内及びインサートの汚れを取ります。
?再度、軽くオイルを吹きつけて下さい。
?リコイルスプリングなどもオイルを吹きつけ汚れを落として下さい。
?フレーム部は軽くオイルを吹きつけ汚れを落として下さい。
?マガジン内もよく錆ますので、細い棒などでマガジンフロアーを押し下げて、横の穴に細い棒を入れマガジンフロアーが上がってこないように引っ掛けます。
それから内部の汚れをオイルで拭き取って下さい。


ここまでで、一応のクリーニングは完成です。
が、一番良いのは完全分解してクリーニングする事ですから何度かに一度は完全分解してクリーニングして下さい。

このように、モデルガンはエアガンとは違い「クリーニング」を必要とします。
非常に手間のかかる作業ですが、やっているうちに「クリーニング」も楽しみの一つになってきますから、チャレンジしてみて下さい。